2015年9月 1日 (火)

永沢まことさんに会いに…

1
私の絵の師匠、永沢まことさんの個展(都市画展)をみに東京へ行ってきました。
小さい子供を連れての上京…
果たして無事に行って帰って来れるだろうか??不安な気持ちがありましたが、それでも永沢先生の個展へ行きたい気持ちが強く、初めて息子と二人きりで遠出してきました。

2(↑吉祥寺での写真。永沢先生の名前がでかでかと!)

盛岡を朝に出発し、14時のトークショーに間に合うように新幹線、中央線で移動。
新幹線で息子が泣いたり騒いだりしないかと心配だったのですが、盛岡‐仙台間に離乳食を食べさせ、仙台‐大宮間は睡眠。それから東京駅に到着するまで静かにしていてくれましたcoldsweats01ホッ

東京駅からは中央線で一本。
吉祥寺駅では、今回お世話になる友人が待っていてくれました。

友人と合流後昼食をとり、いざ個展会場へ!!!

楽しみにしていたトークショー。
赤ちゃん連れはやはり居らず、途中から息子が声を出し始めました。騒ぐレベルではないけれど、子供の声は会場内にキーンと響きます。これはまずい…と子供と一緒に退出。

さてどうしたものか…仕方ないので廊下で待っていたらSさんが声をかけてくださいました。会場内に残ってしまった友人との連絡も取れ、友人が息子を見ていてくれることにcryingえーんありがと~~~~~頼りになります!

3

先生のトークショーをじっくり聞くことができ大満足!
その後行われたサイン会に子供と一緒に並びました。息子の名前入りでちゃっかりサインをいただき、記念撮影もcatfaceshine

久しぶりにお会いした先生、79歳とは思えぬお姿。いや~本当にお若いですよね。
先生に会うと不思議と元気をチャージされる感じがするんですよね。なぜ?!!

4大満足の吉祥寺を後にし、友人宅へ。
友人宅にも息子と同じ年の赤ちゃんがおりまして…この二人の姿。。なんだか微笑ましたかったです。(おそろいのパジャマも用意していただいちゃってheart04

そういえば、2003年にこの友人と一緒に本屋に居たとき「永沢まことさんの本」に出合ったんですよね。あの時偶然永沢さんの本を手に取らなかったら私のスケッチ人生は無かったのかも?

6
友人宅に二泊させていただき、盛岡へ帰宅。
なんだかあっという間の3日間だったなぁ~

子供がいると移動も大変だけど、まぁ何とかなるもんだなcoldsweats01今回の二人旅で少し自身もついたので、また二人でどこかへ出かけてみような~と思うのでした。

| | コメント (2)

2014年7月26日 (土)

宮城へおでかけ

1穴子天丼。
地元の名物はやはり食べておきたいものですね。

というわけで、先日松島に行ってきましたrvcardash

2東北に住んで7年目。
そういえば、日本三景の一つ宮城県の「松島」へ行ったことがありませんでした。

本格的な夏休みシーズンに入る前に、有名観光地へレッツゴー!

平日にも関わらず、松島周遊の観光船はそこそこ混雑してましたship
震災の被害のあった沿岸に、たくさんの方が遊びに来てくれているのはやはり嬉しいものですね。海外からの観光客も多いようでした。

3観光船は一人1,500円。
ちょっと高いかな~と思いましたが、せっかく来たのならこの景勝を見ずに帰るわけにはいきません。

船の上から見える松島の島々。
素晴らしい景色でした。山育ちの私にはやはり新鮮!!

4宮城までやって来たので、こちらにも立ち寄ってみました。
先日OPENしたばかりの仙台IKEAです。

東京に住んでいた時から利用していたので(結婚したとき家具はIKEAで揃えたりしました)、やっと東北にも来てくれた~~~~~~っ!と嬉しさがhappy02shine

5この先必要になりそうなものだけを検討する!
そう決めて店内に入ったので、無駄な買い物はせずにすみました。

と言っても、この荷物に。。

これで使ったお金は10,400円。
安いですよね。

この馬鹿でかい段ボールの中身は…、安さに負けて買ったソファです。
だって8,900円だったんですもの!!
(消耗品と割り切って使いたいと思います)

IKEAのエコバックは7年前から愛用しているものです。
今はもう売っていないみたいでした。

とりあえず、必要なものを購入出来て満足満足。

「あとはコストコが仙台に出来れば完璧だねぇぇ」
そんな会話をしながら盛岡へ帰っていったのでしたrvcardashdash

人気ブログランキングへ
↑いつも応援ありがとうございます(^^)すいか

| | コメント (0)

2014年1月28日 (火)

高知から九州へ!!

【2013年12月30日】
岩手から福岡までの車旅。
いよいよ最終日です!(と言っても帰りも自走なんですが…coldsweats01

1_2 高知を後にする前に、彼に会いに行かなくては…
桂浜にやってきましたrvcar

高知といえばこの龍馬像ですよね。
朝8時にはここにやってきたのですが、ここの駐車場(桂浜観光用の駐車場)、早い時間であれば係員が不在の為無料で開放されていました。
(確か8:30から有料になると書かれていました)

「早起きは三文の徳」ですねcatface

2 桂浜で龍馬像と海を眺め、高知に来た事を実感。
やっぱり来て良かったなぁ。

3_2 さぁ、福岡に向けて再出発!
愛媛県八幡浜から出ているフェリーで別府行きに乗ることにしました。
宇和島運輸フェリー

高知市から愛媛の最西端まで下道で向かったのですが…

↑なんとこの雪道!!

愛媛へ抜ける山道はとんでもなく雪が降っていましたwobblyヒョエーー

「今シーズン、まだ岩手でもこんな道運転してないな」
と旦那さん。

ちょうど新しいスタッドレスに変えたばかりだったので少し安心感はありましたが、除雪されてるんだかされてないんだか分からないような山道を走るのはやはり怖かったです。

スピードも出せないので、予定していたフェリーに間に合わないかも?な状況。

でも安全第一。
長く続いた山道をなんとか事故なく越える事ができましたrvcarsweat01

4 愛媛県の里に下りてから、短い距離だけど高速道路を利用しなんとか無事に港に到着!
走って受付へrunrunsweat01sweat01

雪のせいで遅れたのか、周りの人も走って焦っていました。笑

5 年末のフェリーは大混雑。
座れそうな場所もなく、結局自分の車に戻って寝てましたsleepy

さよなら四国!!
またうどん食べに行くね!!

フェリーで約3時間waveshipwave

目的地別府に到着。
別府を観光することもなく、そのまま高速で実家へ。

そこから数日間は食っちゃ寝の年末年始を過ごしたのでしたdelicious
チャンチャン

人気ブログランキングへ
↑いつも応援ありがとうございます(^^)すいか

| | コメント (0)

2014年1月15日 (水)

高知初上陸!

高松、丸亀と讃岐うどん屋をはしごした後は、本日の目的地高知市へrvcardash

使うはずだった高速道路は雪で通行止め。。

下道で山越えして高知市を目指すことになりました。。
↑しかし、路面はこんな状態ですsweat01
まさか四国でこんな雪道を走ることになるとは…
スタッドレスタイヤで本当によかったですsweat01

予定よりも少し遅れて、高知市に無事到着。
高知での宿は以前から予約していました。


大きめのホテルであれば、ほとんどこのサービスが利用できるので便利です!
レンタサイクルbicycledash

街中散策であれば、自転車で巡るのが一番早いんですよね。


一番気になっていた場所、高知城です!
残念ながら年末はどこのお城も休城日。中に入ることは出来ませんでした。(以前姫路城でも年末に行ってガッカリした経験あり)

しかしまぁ、こりゃ立派!!

当時の龍馬達がこの城を見上げて色々なことを思ったりしたのでしょう。


龍馬生誕の場所。
子供の頃に読んだ「お〜い龍馬!」を思い出しました。

ここがあの物語のはじまりの場所なんだよなぁ。

【高知のうまんもん】

まずは市場へ!
ここで美味しいカツオをいただこう!!

と思っていたのですが、中は人でいっぱい。
まだ夕方なのに、すでに地元の方がテーブル席を占拠して飲んだり食べたりしていましたsweat01

観光客向けだと思って油断してましたが、地元民の方が気軽に飲んだり食べたりできる場所となっているようです。
しまった、、遅かったかぁぁ〜
(盛岡で言うところの室内よ市のようなもんかな?)


お腹が空いていたので、市内散策中から気になっていた餃子屋さんへ入ってみることに。

美味い!!

宇都宮とまではいきませんが、高知市でも餃子屋さんをいくつか見かけました。
そのうちB級グルメで有名になってくるかも。

美味しい餃子を食べて、小腹を満たした私達。
今晩のカツオをどこで食べようか悩んでいたので、餃子屋の方に聞いて見ることに。

お兄さん曰く、
結局カツオはピンキリ。
高いところで食べればそれはやっぱり美味しいし、安い観光客向けのところで食べればそれはそれなりだし。

なるほど。

自分が食べに行くならここかな?と教えてくれたお店へ行ってきました。


「しゅん」さん。
お安くはないけれど、美味しいものが食べれる居酒屋さんとのこと。

もちろん頼んだのはコレ!


カツオのたたき。

これは本当に美味しかったです!!!
当たり前だけど、今まで食べたカツオのたたきの中で一番shine


その他の料理も美味しかったですcatface

餃子屋のお兄さんありがとうっ!!



最後にこちらをご紹介!

「たっすいがは、いかん!!」です。

店内にかけてあった暖簾なのですが、これが気になって気になって…

カウンター席の隣で飲んでいた二人組に聞いてみました。笑
男性の方は高知県出身、女性の方は徳島の出身で、只今帰省中とのこと。

笑顔でこの意味を教えてくれました。本当にありがとうございました。

「たっすい」というのは、ゆるいとか、弱いとか、薄いのような意味なのだそうです。

つまり、「弱いお酒ばかり飲んでたらいかん!」てこと。
ビール会社の広告なので、このビールは他社のたっすい酒と違ってコク、キレがあって美味い!のようなニュアンスになるのかな?


(↑市場にもあった看板)
なんだかいい響きですよね~smile

たっすいがはいかん!!笑

色んな地域の人と話してみるのは本当に面白いから好きです!
徳島の彼女さんは九州の女性がとにかく好きなんだと言ってました。
これまた嬉しくて!

四国の方はなんだか明るくて楽しいなぁ~

高知出身の男性は、お酒を飲んで上機嫌。笑顔が印象的でした。
彼オススメの高知のお酒「司牡丹」の熱燗を四人で飲みながら四国のアレコレ話を聞かせてもらいました。

楽しい夜となりました!

ひさこさーん、連絡お待ちしてますねhappy01
また四国話聞かせて下さ~い!

短時間ではあったけど、高知に初上陸してよかったなぁ。

やはり時間をかけて、いつか四国巡りをしてみたい!ですねぇ〜runrun


人気ブログランキングへ
↑いつも応援ありがとうございます(^^)すいか

| | コメント (2)

2014年1月 9日 (木)

2日目〜香川でうどん〜

2013年12月29日

尼崎で一泊し、体力回復!
2日目は尼崎市から四国の高知市を目指して走りはじめましたrvcardash


神戸を抜け、明石海峡大橋を渡ります。
まだ車の通りも少なく気持ちいい!!


橋から見える朝日が眩しいっ!
そして、岩手での朝日よりもやはりズレを感じて不思議な感覚に。(同じ時間帯なら岩手だともっと高い位置にあるよなぁ~)

さぁ、本日の目的地は高知市。

その前に!!
是非立ち寄りたい場所があります。
それは香川のうどん屋ですshine

前にも行ったことがありますが、これがクセになるほど美味しいんですよね〜。
うどんは四国へ立ち寄る理由の一つとなってました。


この日が日曜日ということもあり、目をつけていたお店がほとんどお休みsweat02
仕方がないので、違うお店を助手席で(情報誌で)あれこれ探しながら決めたお店がこちらです↑

高松市にある『中西うどん』さんrestaurant

ありがたいことに、日曜日の、しかもかなり早い時間から営業しておりました。

朝ごはんはうどん!と決めていたので、お腹の準備はOK。到着したのは9:30です。


私が選んだのは、ぶっかけ(温)とごぼう天。
もう見るからに美味しそう!!
あっという間に食べてしまいましたcatface

文句無しの美味しさでしたよ。

もう一杯食べれるかも…という気持ちを抑えて、また出発rvcardash

高松市から丸亀市方面へ。

そう、丸亀市もうどん屋がたくさんあるんです!笑


到着したのは丸亀市にある『なかむら』さん。
「かまたま」が有名なお店です。
日曜日に営業していました!ラッキー


有名店なだけあって、朝からこの行列です。
(一番後ろに並んでるのが旦那さん)

並ぶこと約10分。
ついにお店の中へrundash

迷うことなくかまたまを注文!
旦那さんは二軒目なのに、かまたま(大)を注文。よく食べますなぁ〜


これがウワサのかまたま!
きゃー美味しそうっlovely

いただきまーーす。


こちらもあっという間に完食!!

うどんを二杯食べたと言うのに全くそんな感じがせず、危うく「せっかくだし、もう一杯!」と言ってしまいそうでしたが、満腹は長距離運転の敵なのでやめておきました。


あぁ〜やっぱり好きだなぁ〜香川県。
…うどん県!

四国もいつか機会があれば住んでみたい場所です。数年だけでいいので…
うどん屋巡りもっとしたいなぁ〜

と後ろ髪ひかれつつ、目的地の高知市を目指しますrvcarsweat01sweat01

兵庫→徳島→香川→高知!

人気ブログランキングへ
↑いつも応援ありがとうございます(^^)すいか



| | コメント (0)

2014年1月 6日 (月)

明けましておめでとうございます

少し遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。

年末年始は福岡の実家に帰省していましたrun
一年ぶりの福岡です!

今回は、岩手から福岡まで車で行って帰ってきましたrvcardash
三年前?位にも岩手から福岡まで車で移動したことがありますが、冬にチャレンジするのは初めて。

事故などに巻き込まれずに、無事に帰ってくることができてまずはホッとしました。



出発した27日は寒波到来!
宮城県から福島県にかけて雪がけっこう降っていました。

雪による事故も多発しており、ちょこちょこと高速道路が通行止めにsweat01
少し待つこともありましたが、大きな遅れとはならずに東北を南下しました。

予定していた、福島から北陸へ抜ける道は通行止めの為諦め、北関東自動車道に乗って首都圏を回避。
群馬、長野と山の中をひた走り、大都会名古屋へ抜けました。

心配していた渋滞にも巻き込まれず、そのまま関西方面へ。

夕方あたりで、本日の宿泊地を兵庫県尼崎市に決定。

ネットを使って、本日のお宿を予約。
(当日限定の割引を使って、安く泊まることができました)



晩御飯はこちら!
串カツです。

横綱というチェーン店ですが、口コミ通り安くて美味しいお店でございましたhappy01

ご飯を食べに行くとき、宿へ戻るとき、歩いたのは10分位なのですが、その間に殴り合い(道に転がっての)のケンカを二件見ました。。

年末ですもの。。。ね?

そういえば、尼崎はダウンタウンの出身地!
大阪出身かと勝手に思い込んでいましたが、兵庫県なんですねflairshine


ちょっと気になったのは、このピンク色の自転車!
街の至るところで見かけました。
ちなみにこれの水色もありました。

スタンダードカラーだと思っていたシルバーがあまりありませんでした。
地域によって流行ってる色も違うんですね〜bicycle

そんなわけで、福岡へ向けた大移動初日は尼崎市でストップ。
翌日は四国へ向かいます!

人気ブログランキングへ
↑いつも応援ありがとうございます(^^)すいか

| | コメント (0)

2013年2月27日 (水)

鹿児島ばなし~指宿・霧島編~

Photo■2013年1月のお話■
鹿児島市内観光後、宿泊先の指宿へ向けて出発rvcardash

やはり一度は行ってみたい!!ということで、意見が一致した指宿宿泊。お宿は比較的リーズナブルなの休暇村指宿を利用しました。

Img_0203 指宿といえばこれ。砂蒸し風呂ですcatface
休暇村でも砂蒸し風呂が楽しめるということで、楽しみにしていました。
室内での砂蒸し体験となりましたが、ずっしり重い砂に包まれてからだの芯まで温まりましたspa汗がよく出てスッキリ~

(↑注意:写真は休暇村の砂蒸し風呂ではない。宿泊なしで体験できる砂蒸し風呂)

Dsc00073 ■翌日■
指宿で旅の疲れを癒した後、次の目的地「霧島」へ向けて移動開始rvcardash
車の中で「お土産に鹿児島の焼酎でも買っていくか~」と話をしていると、タイミングよくあらわれたこのお店。

「ここだ!」

とドライバーさん興奮。笑
通り過ぎた後、Uターンしてお店へ寄る事に。

まだ朝10時だったのでやっているかな~とお店に入ってみると、ありがたいことにお店の裏にある工場を見学させてもらえる事に。

Dsc00061 おぉぉぉ!!!さつま焼酎の文字に心躍りますheart04

Dsc00063 工場の中はほんのりお酒のにおいがしていました。
突然やってきたのに、こんな間近でタンクを見せてもらえるとは。

焼酎ができるまでの過程も説明してくださり、興味津々!!

食品関係のお仕事をしていることもあり、各所を見つめる旦那さんの目が光りますeyethunder

Dsc00076 運転があるので試飲はもちろん出来ず、父と盛岡の友人用に焼酎を購入japanesetea

おすすめは「薩摩 桐野」です!
焼酎好きの方は是非中俣(なかまた)さんのものもチェックしてみてください~

中俣合名会社さんのホームページはこちら

奥様、本当にありがとうございましたhappy01

Img_0234 次の目的地霧島には昼過ぎに到着。
意外に時間がかかりましたsweat01

Img_0220 日本初の新婚旅行といったらこのお二人。
我々はもう新婚ではありませんが、なんだかいい場所に来たなぁ~と思いますねconfident

Img_0230 霧島神宮で初詣。(実際には二社目かな?)

駐車していた車のナンバーを見るかぎり、全国からやってきているようでしたね。人が多い~~

お参りをすませた後、おみくじを引いてみることに。
やったー大吉!!!

久々に大吉がでたので嬉しかったです。大吉のおみくじは財布に入れてとっておくと良い?らしいので、お財布に入れています。
今年一年、いい年でありますように…

さて、ここからまた4時間かけて福岡の実家に帰りますrvcarsweat01

一泊二日の短いけれど楽しい鹿児島旅行でした。

人気ブログランキングへ
↑ぽちっと応援お願いします!一日1クリック

| | コメント (0)

2013年2月17日 (日)

桜島スケッチ

Sakurajima2013_鹿児島へ行った時の話を書こう書こうと思いつつあっという間に一ヶ月sweat01

遅くなりましたが、年始に小旅行で鹿児島まで行ってきました。福岡人ですが、初の鹿児島です!

↑鹿児島のシンボル桜島fuji
せっかくだから描いたら?と旦那さんに言われ、30分程で描き上げましたpencil
絵を描くときは別々に行動するので、もちろんそばに彼はいないのですが、「待たせると悪いな…」と、やはり少し焦ります。おかげでいつもより早く描き上げる事が出来ますsweat01
本当はもっとの~~んびり描きたいですねぇcoldsweats01

Img_0112 これが鹿児島市内から見た桜島。
フェリーに乗って鹿児島市内から桜島へ渡ります。大人片道150円dollarバス感覚でフェリーに乗れちゃうんですねぇ。しかも24時間運行でした!

Img_0142 桜島に着いたら、フェリー乗り場から歩いて10分ほどの場所にある桜島ビジターセンターrunrun無料で、桜島のことや噴火の歴史を知る事が出来ますeye

ビジターセンター横から眺めるこの桜島もなかなか良い!!

↑今年一年の飛躍を願って記念撮影camera
膝を曲げてジャンプすると、かなり高く飛んでいるように見えます。笑

Img_0169_2 帰りのフェリーに乗っていると、
あれはもしかして!!!!!!

桜島が噴火しましたfuji
年に何百回も噴火するそうなので珍しいわけではないのですが、ちょうど桜島から離れる時にボンッと煙を吐いたのでお別れの合図だったように感じられて良かったですhappy01

さよなら桜島~!

この後、車で鹿児島南部の指宿のお宿へ移動ですrvcardash

人気ブログランキングへ
↑ぽちっと応援お願いします!一日1クリック

| | コメント (0)

2013年1月23日 (水)

鹿児島うまいもん巡り

Kagoshima2013_food_
年末年始を福岡で過ごしたわけですが、せっかくなので…と足を延ばして鹿児島まで行ってきましたrunrun年明けの4日から一泊二日の小旅行です。

私の実家から鹿児島市まで約280キロ、高速を使って片道4時間といったところrvcardash
岩手にやってきてからというもの、距離感覚が少しおかしくなったようで、200キロにそんなに遠さを感じなくなりましたcoldsweats01
大きな県に住むと、心も大きくなるようです。笑

旦那さんも私も鹿児島へ行くのは初めて。

今回は、鹿児島でいただいたうまいもんをご紹介いたします!!

Dsc00033 鹿児島ラーメン!!
ラーメン好きの我が家。やはりこれは食べておきましょうということで、到着してすぐの昼食に選んだお店がこちら。
豚とろさんです。

行列が出来る店!と紹介されていたのですが、意外にあっさり中に入れちゃいました。
なんだ、旅行情報誌に大げさに書かれてただけか~と思っていたのですが、私たちが食べ終えて外に出ると20人は並んでおりましたsweat01情報は本当だったsweat01

Photoこちらがいただいた「豚とろラーメン」650円 noodle
福岡の久留米ラーメンとは違うタイプの豚骨味でした。見た目よりもあっさりとしたスープの味。そして、豚が店名にあるだけあって、チャーシューがとろとろで美味しかったです!

Dsc00036 豚とろから歩いてやってきたのがこのお店「天文館むじゃき」さん。
九州の人は子供の頃から食べている氷菓「白くま」。白熊といえばこのお店。本場鹿児島でいつか食べてみたいと思っていましたconfident

余談ですが、水曜どうでしょう好きの方ならご存知ですよね。伝説の白熊です。笑

Photo_2 でで~~んと登場した「白熊」683円bar
写真では分かりづらいかもしれませんが、これがなかなか大きいっ!!ラーメンを食べた直後なので二人で一つ注文しました。一人でこれを食べきるのはキツそうです。

やわらかい氷の上にたくさんのフルーツ。そして、自家製のミルクシロップがたっぷりかけてあります。このシロップが美味しい~heart04

Photo_3 さぁさ、お次は黒豚pig
宿泊した指宿休暇村の夕食でいただいた指宿産黒豚アミノ豚の陶板焼きです。
そういえば豚ばっかり食べてる?

その他、地元産のきびなごやカツオのたたき、さつま揚げなど、とにかく薩摩づくしの夕食となりました。
宿泊費がリーズナブルだったので、この内容はお得だったかもしれません。

Img_0215 実はこれが一番衝撃的に美味しかったんじゃないかなぁ~
有料道路の休憩所でおばちゃんが売っていた焼き芋

「甘くて美味しいよ~」の声にひかれ、ならば一個だけ…と買ってみたのです。芋の品種も聞いたのですが忘れてしまいました。。なんて名前だったかなぁsweat02

一口食べて、「うまいっeyeshine!!」声が出ました。
甘いのはもちろんのこと、すごくしっとりとしていてまるでスウィートポテトを食べているかのようでした。焼いただけでこの美味しさとは…
さすが地元の薩摩芋

そんなこんなで二日間であれこれと鹿児島のうまいもんを食べてみました。
いや~どれも美味しかったなぁhappy01

九州新幹線が開通したので、福岡から、また本州からも鹿児島まで気軽に行けるようになってますbullettrain機会があれば是非鹿児島へうまいもん巡りに出かけてみてくださいflair
鹿児島いいですよ!!!

人気ブログランキングへ
↑ぽちっと応援お願いします!一日1クリック

| | コメント (0)

2012年5月31日 (木)

山形へ!出羽三山

2いつか行こう行こうと思いつつ、結局行かずじまいだった山形県鶴岡市。
たまたま平日に2連休になったという旦那さんと、せっかくなので…と急遽山形旅行をしてきました。
(行ってきたのは5月の中旬の話)

東北は大きくて広い!盛岡から鶴岡市までの距離は約250キロ。高速を使うと遠回りになるので下道を走りましたが、結局片道4時間以上かかりましたrvcarsweat01

8 出羽三山神社 三神合祭殿

出羽三山は1400年あまりの歴史を持つ修験道で知られる三つの山です。
・羽黒山・月山・湯殿山

出羽三山信仰の中心的存在として羽黒山山頂に祀られた神殿がこちら↑

この前方に写っている鏡池は今流行りのパワースポットしても有名なのだそう。
元寇のときにこの鏡池から黒い龍が空に舞い上がり台風を起こし、蒙古襲来を阻止できたという羽黒の龍伝説があるのだそうです。

なんとまぁ!!!
こういった話、私は好きなので興味津々ですlovely
6 出羽三山神社から少し離れた場所にある厳島神社の龍の彫刻。
今年は辰年なので、右手にあるのぼり龍に手を合わせるといいでしょうと教えてもらいました。左側にはくだり龍の彫刻があります。

3 私達は車で羽黒山の頂上まで行ったので、この有名な羽黒の石段を上から下ることになりました。もちろんその後には登らなくてはならなくなるのですが…

これがキツかったんですsweat01

さすが修験の山。2446段の石段の途中には一の坂、二の坂、三の坂と呼ばれる急な坂があらわれます。
下りからはじまった我々。雨が降っていて足元が悪かった事、こんなに厳しい石段とは思わず歩き始めたこともあり、私の足は途中でひざが笑いはじめましたwobbly

ひざが笑うってこういうことか…初めて体験しました。立ち止まると脚が震えだすんですね…coldsweats01

7 ヒーヒー言いながらもなんとか到着した石段のふもとにある国宝・五重塔
到着した時は嬉しさでいっぱいでした。もう下らなくていいんだと…

こちらの五重塔、古記によると今から約1070年前、平将門によって建てられたというのだから驚き。

さぁ、下ったあとは登らなくてはなりません!!ひょっとしてバスとか無いかな?と淡い期待をしていたのですが、そんな甘い話はありませんでした。
車を停めている頂上までまた石段を登らなくてはなりませんrunsweat01
5 石段のちょうど中間あたりにあるこちらの茶屋。下る時は横目に通り過ぎたのですが、帰りの登りでは給水しようと立ち寄ることにしましたjapanesetea

汗だくでヘトヘトだったのですが、こちらでいただいた力餅を食べると不思議と元気に。名前通りの効果があります。
4茶屋からの景色がこちら。
奥にうっすらとみえるのが庄内の田んぼ。ちょうど、田植えの時期で水を張っていたので海のように見えます。

この景色を眺めながら、茶屋のお母さんから神社の龍の伝説などを教えてもらいました。
厳しい石段でしたが、自分の足で登りきったという達成感もあり、終わってしまえばいい思い出です。

■おまけの話■
9

茶屋で購入したお土産がこちら!!!
知っている人は知っている?伝説の出羽三山ポストカードshine

水曜どうでしょうの「絵はがきの旅」を知っている人なら、このポストカードをみてニヤリとするはずcatface
どうでしょうファンとしては伝説のポストカードを買うことが出来て大満足なのでした。

人気ブログランキングへ
↑ぽちっと応援お願いします!一日1クリック

| | コメント (4)

より以前の記事一覧