« タビラの夜 | トップページ | タビラ出発!ポサーダのご紹介 »

2012年2月14日 (火)

タビラの夕食

タビラの街に泊まると決まっていたので、この日の晩御飯は是非とも美味しいポルトガル料理を食べたい!!と思っておりました。

ですが、ポルトガル料理って実は「これっ!」ってものが少ない…。カステラ?南蛮漬け?(これは違うかcoldsweats01

ポルトガルの小さな街を実際に巡り、現地の様子を紹介した本を事前に読んだのですが、このタビラの街で忘れられない素敵なレストランに出会ったと書かれていました。

ヴェラドイス(Vela 2)

地元でとれた魚料理をお腹いっぱい食べられるというレストラン。しかも値段も格安の8ユーロ!これは行くしかない!と期待いっぱいでこの街にやってきたようなもんです。

が、ホテルマンのお兄さんが昼間、気になることを言っていました。

「今日は火曜日だからこの街のレストランはやってないと思うよ。月曜日が前日だから。」

早口の英語で喋られたのでうまく聞き取れなかったのですが、どうやらこの街は日曜日が休漁日で、翌日の月曜日は市場が閉まっているから、その翌日の火曜日は定休日のレストランが多いよ。のような事を教えてくれました。おそらく。

とは言いつつも、もしかしたらやってるかもしれないし…と淡い期待を抱き、30分ほど歩いて目的の店まで辿り着きましたrunrunsweat01
(場所が分かりにくかったこと、小さな街の夜は暗くて道に迷いそうだったことを踏まえ、事前購入していた車用のカーナビを手持ちして店まで歩いていきました。GPSで自分がどこにいるのかよく分かるし、迷わずにすみます。それでも少し迷いましたが。。。小型で携帯できるカーナビの活用術)

結果、やっぱり開いてませんでした。ガーーン
その後街中のレストランを歩き回って探したのですが、ほぼ全滅…
絶品魚料理を期待していただけにショックcrying

Dsc00476 そんな暗く静かな街の中、やっと発見したのがこちらのレストラン。
開いてる!!しかも魚も食べられそう!!
もう、お腹がすいていたのでここに入ることにしました。

旦那さんがメニュー表を見てやや苦戦。そう、ここはポルトガル。英語でもスペイン語圏でもないんですねぇcoldsweats01

ですが、スペイン語にやや似てる部分もある?らしく、なんとか目的の魚料理を注文してみたところ…

やっぱり食べたかったイワシは今日は無いと言われsweat02火曜日だったのが失敗でしたね。1/7の確立でこの日に当たるとはなんとも残念。

とりあえず、今日食べられるというタラの塩焼きをメインに注文することに。Dsc00474ここで心が折れた?かもしれないパン。硬い…硬すぎる。

Dsc00472 白身魚のフライ。う~~~ん。「美味!」ではない。

Dsc00470_2 豆のスープ。ちょっと不思議な味だったけれどわりと好き。旦那さんは苦手なよう。

Dsc00473 本日のメイン。タラの塩焼き。これがキツかった。魚に脂がのりすぎていて、箸がすぐに止まってしまうsweat01いや美味しくないわけじゃないんです!ただ、ちょっと食べたらもう満足してしまうというか、なんと言うか…。たくさんはいらない?
茹でただけのジャガイモもボソボソで食べ続けられない。

そんなわけで、食事の途中から会話が少なくなり、静かに、出来るだけ残さずに済むように…と頑張って食べました。(旦那さんが)

どうも味になじめなかった私は皿のすみにあるサラダを全部食べました。
いかにスペインのご飯はあってるかってことなのか????

■■■■■■■■■■

静かにご飯を食べながら考えていたのですが、何でも食べるといわれる日本人は外国の料理も好きじゃないですか。

中華料理屋、韓国料理屋、イタリア料理屋、フランス料理屋、インド料理屋…スペイン料理屋だって探せば街中にありますよね。

「ポルトガル料理屋」ってないよなぁ~と思ったわけです。あるところにはあるんでしょうが、ほとんど見かけたことないですよね。

ただ馴染みが無いだけなのか、味が日本人の舌にあわないってことなのか??
まぁ、私の勝手な想像です。

たまたま運が悪かっただけだと思います。
あ~イワシの塩焼き食べたかったなぁ~despair

人気ブログランキングへ
↑ぽちっと応援お願いします!一日1クリック

|

« タビラの夜 | トップページ | タビラ出発!ポサーダのご紹介 »

コメント

ポルトガルを自転車旅行中です。ブログを見てvela2を訪れました。
が、結果的に食べられず。質問ですが、主さんが訪れた店舗は街中にありました?
私はまずトリップアドバイザーの地図を頼りに行きましたが、その辺りは住宅街で何もなく。通りすがりの地元民に聞いてもみんな知らず。
グーグルマップで調べたら、街中から3km離れた郊外を示したので、頑張って漕いで行くと確かにありました。が、日曜だからか閉店でした。ちみに玄関の張り紙には月曜定休とありました。気まぐれな店なのかなと思いました。

投稿: タビラ | 2016年12月12日 (月) 07時06分

★タビラさん★
お返事がものすごく遅くなってしまい申し訳ありません。
自転車でポルトガル旅行中なのですね。…もう帰国されましたでしょうかsweat01
vela2、私たちも街中をかなり歩いてたどり着きましたが、お休みだったようで食べることが出来ませんでした。このお店を知ったのはある旅行本(記)だったのですが筆者が絶賛していたこともあり食べてみたかったです。。。
街のはずれに位置していたのでおそらくタビラさんの行かれた場所で間違いないのではないでしょうか?

タビラでは期待していた晩御飯とならなかったのですが、そのおかげで翌日に世界一のイベリコ豚(ベジョータ)を食べに行くことになったので結果オーライだった気がします。

またいつか私もポルトガルを旅してみたいです。
コメントありがとうございました(^^)

投稿: すいか | 2016年12月29日 (木) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« タビラの夜 | トップページ | タビラ出発!ポサーダのご紹介 »